コンテンツ

起源は江戸の遊郭から 更新日:2016年03月04日

風俗の歴史を紐解くと、その起源は江戸の遊郭から始まる。このころから、遊女の中に格付けのようなものがあり、
その最上位は「花魁」とされ、現在でいうNo.1キャバ嬢的な扱いを受けていたとされている。(昔はもっと、社会的評価が高かったが)
また、その逆もしかり、大半の遊女は、貧しい家庭に生まれ、物心つくころには借金の形に売られ、生涯、ひどい扱いを受け続けるという残酷な側面もあったことなど、
こちらも現在で言う、金銭的なトラブルで地方の風俗街へ売られるソープ嬢のような存在だったのだろう。
今でも、風俗業に従事するものにつきものな性病にたいする不安など、この当時からなにも変わってはいない。

その後、明治時代に入ると、人道的観点から、こういった強制的な性的奴隷の制度を廃止する風潮が強まり、日本政府はそれを規制・撤廃する法令を出したものの、
積み上げた歴史の中で、もはやそれが生活の軸となっていたものは、その負のスパイラルから抜け出すことはできず、実際には、何も変わることはなかった。
大正時代には、現在でいうソープランドのように、場所のみを提供するという形で、半ば暗黙の両人のような形でどうどうと売春行為が横行していた。
最盛期には、全国にこういった形で風俗業に携わる女性が約50,000人以上いたとされている。

オススメサイト
  • 仙台デリヘル バーチャルアイドル
  • 仙台 韓国デリヘル 女神
  • 石巻 きゃばくら屋
  • 仙台デリヘル DRAMA-ドラマ-
  • 仙台出張マッサージ委員会 回春エステ
トップへ戻る